イククルの今すぐ会える女の子は狙い目です

都内の会社に就職して3年目。
まだ25なのに最近合コンも減って全然出会いが無かったんです。
何とか自分で見つけないとと思って出会い系サイトを使い始めました。
出会い系サイトはいろいろ使ってみましたがイククルがいいですね。
イククルは僕の中では一番女の子と出会える確率が高くて、今は別れましたが1回付き合えたことまであるサイトです。
今は大人の関係を探すことが目的でこれまで2回成功していました。
今回はイククルで出会った3回目の女の子との体験談です。

その子とのやりとりは「今すぐ会いたい」を中心に探しました。
LINEの交換までは行くんですがカラオケとかで遊ぶだけの子だと大人の関係はなかなか難しいので僕は「寂しい」とか「愚痴りたい」とか少しネガってる子を探します。
ほんとに愚痴るだけの子もいますけどねw
でも今回の子は違いました。

恵比寿で待ち合わせて僕の知ってるショットバーに行きました。
彼女は25歳のR恵ちゃん。
童顔で同じ年には少し見えないですが、逆にそれが可愛くてラッキーでした。
小柄ですが華奢な感じの女の子も全然アリです。

バーではR恵ちゃんは結構お酒が強くて僕は少し抑えめにw
でもR恵ちゃんは酒が入ると明るくなる方なのか結構体に触れてきて僕も触りやすくなってきました。
良い感じです。
R恵ちゃんは最近男に酷いフラレ方をしてもう恋愛はしばらくいいと言っていました。
割りきって付き合える方が楽だと言ってて僕にもチャンスがありそうです。
雑談でも話しが合う話題があってR恵ちゃんはご機嫌になるのを感じるとちょっとエッチな話題も。
明るく返してくれるのでホテルの話も切り出しやすかったです。
最初は「何言ってんの~」って感じで恥ずかしがっていましたが、押しに弱いのかついに陥落してくれましたw

ラブホでのR恵ちゃんは華奢な体ですが胸は結構あって色っぽい体をしていました。
これは美味しくいただくしかありませんw
R恵ちゃんも一夜限りだと割り切っているので結構大胆に求めてきて、クンニで愛撫をしていくと喘ぎ声がいやらしくなって濡れてきました。
挿れていいお許しがでたので中にずっぽり。
濡れているので腰を振り始めてすぐに喘ぎ声がどんどんいやらしくなってきました。
特にバックで突いた時は一番大きな喘ぎ声になって僕も興奮して突きまくりました。
最後はほぼ一緒に絶頂を迎えてフィニッシュ。
たっぷりとR恵ちゃんの体に発射させてもらいました。
その夜は結局終電も終わってたので泊まることに。
結構お願いして何度もさせてもらえましたよ。
エロいセックスを堪能できました。

イククルの「今すぐ会いたい」にいる女の子はやっぱり一番おすすめです。

妻の気を引くために?不倫をしたある夫の話

“20代後半の妹の経験です。妹は数年前に大恋愛の末、某有名メーカー勤務の男性と結婚しました。妹自身も、地元の優良企業でバリバリ活躍しているキャリア肌の人間です。お互い忙しい仲でも、週末の共有などを大切にしていたらしいのですが、結婚から1年ほどして、夫の様子がおかしいと思えてきたそうです。

時々言動に妙なニュアンスがまじる、理由をきちんと説明しない外出に出かける…など。しばらくして、珍しく自宅で一緒に夕食を取っているような団欒時にも、夫の携帯に電話がかかってくるようになり、その楽しそうな会話を横で聞かされることが増えたと言います。

それが続いたので、「最近、浮気でもしているの?」と冗談交じりに聞くと、「そうだよ。」と返されたと言います。

夫は真顔で、妹に詰め寄ってきました。「結婚したらいいお嫁さんになりたいとか、料理が趣味だとか、付き合ってた頃はさんざん言ってたけど、実際はどうだ。仕事仕事ってそればっかりで、家のことはほったらかし、俺のことは同居人あつかいだろう。こんな結婚生活、俺は望んでなかった!」後ろめたい態度どころか逆ギレです。

「こんな詐欺みたいな現実に嫌気がさしてるから、他の子に癒しをもらってるんだよ。全部お前のせいなんだから、責任だとか言うなよ。俺の方が慰謝料もらいたいくらいなんだからさ!」

確かに夫の言い分には、妹も罪悪感を感じる部分があったそうです。ですが、こんな風に不倫を正当化する夫の豹変ぶりに、妹は恐怖を感じ、一時的に実家へ避難してきました。その後、何度も話し合いをして、もとの鞘におさまったそうです。

妹の夫の不倫と言うのは、結局「妹の気を引きたい」という動機だったため、割とあっさり話がついたということです。それでも妹夫婦は完全に元通り、というわけには行かず、どちらかというと離婚秒読みのような冷酷なムードで、親族・家族間の間でも本人の前で話すのはタブーとなっているネタです…。”

趣味が繋いだ赤い糸

“先日、私は彼氏ができました。
私と彼の出会いは、社会人の趣味サークルです。
私はスポーツが好きで、スポーツの趣味サークルに入っているのですが、そこに彼がいたのです。
最初、私は彼に一目惚れしたのですが、出会って間もない頃は、とりたてて仲が良いという関係にはなれず、密かに付き合いたいと思っている状態でした。
これといって、彼に近付く術がなく、諦めかけそうになったことも数多くあります。
このモヤモヤとした片思いの状態は二年ほど続きました。
しかし、あるとき、そのスポーツのサークルで飲み会があり、たまたま彼と隣で飲むことができました。
そのときに、なんと、スポーツ以外ではカメラが好きだという共通の趣味を見つけることができたのです。
意気投合した私達は後日一緒に風景写真を撮りに行くという約束をしました。
そこからはトントン拍子で関係が進み、先日とうとう付き合うことができました。
やはり共通の趣味が多いと話が弾みやすく、容易に楽しい会話の雰囲気をつくることができます。
風景写真を一緒に撮りに行ったときも、お互いが心地よく、とても楽しい時間を過ごすことができました。
スポーツやカメラという共通の趣味が少なければ、私は今でも彼と付き合うことができずに一人で過ごしていたかもしれません。
ただ、私はたまたま好きな人と同じ趣味を持っていましたが、もし同じ趣味を持っていなかったとしても、彼の趣味を知ることができれば、共通の趣味を持って彼に近付いたかもしれません。

別れもスマートな素敵上司との不倫

事務系の仕事をしている時に、職場の上司の若い男性社員さんと不倫していました。

とってもカッコよくて、優しくて、女子社員にも人気がある上司でした。その人には結婚したばかりの綺麗な奥さんがいたのですが、職場の女子社員達は「不倫でもいいから抱かれたい~」と口々に言うほど人気でした。
私にとっても『憧れ』の存在でしたが、仕事上でのやり取りしか無かったので、実際に関係がどうなるなど期待していませんでした。

そんなある日、たまたま残業で少し遅くなり、いつもよりも遅い時間に会社を出て、このままどこかで一人で食事でもして帰ろう…とフラフラ歩いていた時に、外回りから帰ってきた上司と鉢合わせしました。

その上司もこのまま食事をして帰るつもりだったらしく、ついでに…と一緒に食事を誘われました。

人気の上司だし、憧れの人だし、凄く緊張したのですが、こんなチャンス無いしラッキー!と思ってご一緒しました。

結構雰囲気のある個室居酒屋さんに行き、お互いお酒も入っていた事もあり、いつもよりも色々な事を話しました。

素敵だけど、この人には奥さんが居る!と自分に言い聞かせていたのですが、私の私服姿を「新鮮だ」とか「色っぽい」と褒めてくる上司の言葉に気を良くして、私は大胆にも一晩だけでも抱かれたいと思ってしまいました。

上司がどんなつもりで私を食事に誘ったのかはわかりません。でも、私に関係を迫られても断らずに抱いてくれました。

一晩だけ…そのつもりでしたが、結局私達は1年以上不倫関係をつづけていました。
誰かに見られると大変なので、外で会うのは難しくなりましたが、社内の会議室などで密会する事も多くありました。

割り切った不倫関係だったので、私が別れを切り出した時にも上司はスマートに応じてくれました。
不倫相手だからと無碍に扱う事も無く、でも勘違いさせず、別れも爽やかで…なんか、本当に素敵な男だったと思います。